About us Access Contact Each place
 
 
     
 
 
2018年10月10日 17:45:28 未分類
■ 明日から

HALLOWEEN at essence YOKOHAMA STUDIO_gallery は明日から。

鮮やかなかぼちゃが並び、テーブルも賑やかに。

オレンジ色が、今年の太陽を沢山浴びた収穫を盛り上げてくれているような・・・。

 

12日・13日のワークショップもまだ若干お席があります。

初心者の方も検討中の方も、

一緒に作ると意外に簡単!てこと、ありますよね。

まずは、ご一緒に、楽しい時間を過ごしませんか。

講師はグリラーを企画したスタッフが務めるので

おいしいレシピや普段の使い方、気になることまで、

直接聞ける、またとない貴重な機会です。

 

YOK/az

2018年01月5日 11:04:22 ブログ, 未分類
■ あけましておめでとうございます2018

あけましておめでとうございます。
新年を迎えました。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
引き続きのご縁や、新たなご縁で、皆様にお会いできますことを楽しみにしております。
新年初日は、1月6日(土)11:00~

2月初頭には紅茶のイベントを開催します。
この後にUPするBlogもご覧くださいませ。

この年が、皆様にとって笑顔溢れる年になりますように。

2017年06月23日 14:53:11 ブログ, 未分類
■ 梅雨のおかげ

先日の荒天後、山下公園を覗いてみました。いわゆる紫陽花の名所も素敵ですが、時季には傘のおかげもあり、紫陽花をを堪能するよりも混雑を堪能することもあるので、梅雨のシトシト雨や雨上がりの澄んだ空気のなか、花を眺めつつリラックスして散歩するには程良いように感じます。




さらに、毎週来られるという散歩の常連さんに伺ったお気軽ルートで、山下公園からアメリカ山公園、さらにさらに港の見える丘公園へ足を延ばしてみました。
道すがら、バラ、ノウゼンカズラのアーチ、間近に見える葉陰の銀杏や栃の実。




アメリカ山も港の見える丘公園も、バラや百合、アーティチョーク、鉄線、あまり見ない色のタチアオイなど、季節の花が満載です。家族やお連れの方とゆったり、座って眺めながらくつろぐ姿もあります。雨上がりのせいもあり、バラの香り、ユリの香り・・・さらに優雅に生い茂り漂うラベンダーの香りも溢れていました。

気になるおまけ

YOK/az

2017年02月17日 16:13:00 ブログ, 未分類
■ 春かな

立春から暫く。「三寒四温」の始まりでしょうか。今日はとても暖かで、風も南風。ニュースでは、春一番が吹くかもしれないと言っていました。スタジオの辺りは海の傍。木も花も大きく揺れています。

山下公園では、真っ赤な沈丁花のみちみちとした蕾に振り向かされます(傍らには白い沈丁花も)。もうすでにパチパチと星のように咲いているところもあり、微かに香り初めています。
園内は、しばらく前からところどころ改修中で、新しく苗木が並んだり花壇ができています。木陰や、冬の名残を感じるところは少々気の毒ですが、沢山の芽が顔を出している様子にはワクワクし、応援したくなります。どんな形のどんな色の花に会えるでしょうか、楽しみです。スタジオご来場がてら、お散歩がてら、春を見に、いかがですか。  

YOK/az

2017年01月5日 08:00:30 ブログ, 未分類
■ 2017 ―NEW YEAR―

明けましておめでとうございます。
essence YOKOHAMA STUDIO は、
1月6日AM11時より、営業いたします。
今年も変わりなく、製品を実際にご覧いただき、使い心地をお試しいただきながら、コーディネートを実物でお試しいただける場として、
お施主様はじめ、関係業者様、ご興味下さる皆様のお越しをおまちしております。
また、今年も企画展を計画しております。
心地よく、快適に、暮らしを楽しむessenceとして、お楽しみいただけるものになればと思っております。
各展については随時お知らせしてまいりますので、お散歩がてらにもお運びいただけましたら幸いです。

みなさまのご多幸をお祈りしつつ
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

YOK/一同

2016年12月5日 17:06:13 お知らせ, ブログ, 未分類
■ 12月 ―年末年始―

12月に入り、にわかに気世話しくなりがちですが、ふと表を歩けば、
ここ横浜スタジオ近辺、横浜-中区界隈は、真っ赤に燃えている、金色に光っている木々も、少しずつレース様に、スケルトンになってきました。道は赤や黄金の絨毯です。銀杏のにおいも落ち着き、最も優しく光に包まれるような、いい時季かもしれません。

YOKOHAMA STUDIOの年末年始は
年内は12月26日(月)まで営業
(12月27日~1月5日まで休業)
年明け 1月6日(木)より営業 です。

寒さに負けず、冬の楽しみを満喫したいですね。
12月も1月も、スケジュールをご確認のうえ
お気軽にお立寄りくださいませ。
img_1740_みなとみらい。燃えるように赤く色着いた木々に停泊中は、帆船日本丸。
img_1869山下公園沿い、ランドマークタワーが垣間見える 公園通り。まばゆい黄金色。
img_1853公園通り。上から下から優しい光に包まれます。

YOK/az

2016年11月9日 16:32:37 ブログ, 未分類
■ ロシア極東都市

こんにちは。
最近、横浜スタジオ近くのレンタサイクルに登録して昼ご飯の行動範囲を広げようと画策しているryです(^^)ゞ

先日、ロシアの極東都市ハバロフスクとウラジオストクという街へ行ってきました。
なんと今回行った極東ロシアは成田空港から3時間程で到着してしまうのです。とっても近いです(・Д・)
街にはヨーロッパの建物が並び、モデルのような美男美女が街に溢れていました!
2016-11-07-ry-写真①

今回の旅の目的はシベリア鉄道に乗る事です。シベリア鉄道はモスクワからウラジオストクを結ぶ全長9,297kmの世界最長距離を走る、寝台列車付きの鉄道です。
今回は一晩かけてハバロフスクからウラジオストクまで移動しました。
2016_11_06-ry-写真②

部屋は4人の相部屋。同じ部屋には日本人男性2人とロシア人のお爺ちゃんでした。

2016_11_07-ry-写真③部屋はわりと綺麗でしたが、4人部屋ともなるとさすがに狭いです。
その狭い部屋の中でお爺ちゃんはオナラばっかりしていました(T-T)
オナラから逃げるように、楽しみにしていた食堂車にも行きました。
2016_11_07-ry-写真④
2016_11_07-ry-写真⑤真夜中を走る列車はとても雰囲気が良く、眠くなるまでぼ~っと外を眺めていました。

2016_11_07-ry-写真⑥

教会で礼拝のやり方を教えてもらったり、カフェをハシゴしてケーキを沢山食べたり、現地の人にピザをご馳走になったりと楽しい旅になりました(^ ^)
日本から3時間程でヨーロッパらしさを感じることができる、街も人も素敵な場所でした^ ^

YOK/ry

2016年10月24日 17:15:36 ブログ, 未分類
■ 異国情緒

先月、お土産をもらいました。
お隣の国「ロシア」。

シベリア鉄道に乗りハバロフスクからウラジオストックへ。美しい建物や町の、景色や話とともに、その国の歩んできた歴史や文化を垣間見るような、デザインや醸す空気感とアイテムは、甘酸っぱい可愛いらしさと深く落ち着いた雰囲気を纏う、職人技と Sweets*。

img_3198ppppp

img_3204何人家族!?と思いきや、雪だるま一家も仲良く。執念すら感じる匠の技。最後の方は小指の先より小さく、飛んで行ってしまうのではないかと、開けるのにもヒヤヒヤ。

img_3205各国に存在するチョコレートは、やっぱりその国特有の風味があるように感じます。キラキラ誘う包み紙も、雪雲と凍るような窓の外を眺めながら、温かい室内でのとっておきの楽しみの一つ、でしょうか。(「Пожалуйста, дайте мне горячий чай с молоком.」)

yok/az

2016年09月16日 15:46:19 ブログ, 未分類
■ Time trip -道草中の独り言

「外交官の家」「ブラフ18番館」のある「イタリア山庭園」に至るまでの道。いずれ様方の建物ですが、彼の建物に繋がる“trip”を感じたので、主様 失礼いたします。 ・・・ちょっと道草。
IMG_1455_煙突、門柱や灯、扉や鎧窓。シンプルな中に、さりげない細工等のアクセントが心地よいです。IMG_1452憧れの「前庭」。“ゆとりの時”を感じます。

IMG_1456うろこ状の外壁と、窓や屋根の造作。おとぎの国を垣間見ているよう。

IMG_1462_すっきりとシンプルな、モダンな建物。違和感なく風景に馴染んでいます。IMG_1458品の好い表札・・・納得。

どの建物も、思いを馳せる時代や国の、音楽が聞こえてくるようでした。
YOK/az

2016年09月15日 10:21:02 ブログ, 未分類
■ Time trip -続

外交官の家の庭園から右へ降りると、童話に出てきそうなカラフルな建物。

ブラフ18番館

ブラフ18番館

関東大震災後、山手町に建てられたオーストラリア貿易商の住宅。震災による倒壊と火災を免れた住宅の一部が、部材として利用されているのだそう。

IMG_1478白地に明るく映えるブルーグリーンの扉。テクスチュアのあるガラスも可愛らしい。

IMG_1483横浜市が部材の寄付を受けたのは平成3(1992)年。

IMG_1481窓から隣面の窓が見える…IMG_1484またこのサンルームが魅力的。和式家屋の縁側に通じるでしょうか。(屋外という認識が故とは思われますが、窓の中の窓に鎧戸の意をつきとめられず・・・)
IMG_1486おそらく、創建当初はこちら側が庭だったかもしれません。小さな階段が設えられています。

ブラフ18番館公式サイト
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/yamate-seiyoukan/bluff18/

見ごたえのある西洋館はまだまだ他にも。それぞれの時代の空気を感じるとともに、現代にも取り入れたい魅力的な設えを見つけるのも一興です。

YOK/az

 
     
 
 
    www.essence-i.com
Copyright 2018 ibuki craft co.,ltd. All Rights Reserved.
プライバシーポリシー